落ち着いて判断をくだすためには 普段から自分を客観的にみる訓練をしていなければならない

落ち着いて判断をくだすためには 普段から自分を客観的にみる訓練をしていなければならない。素に戻ってはいけないのである。繰り返すことで身につくのだ。先ずは 大変だが大変じゃないと思わなければならないのだ。 
コメント:0

続きを読むread more

仲が良いとはどういうことなのか

仲が良いとはどういうことなのか。 気が合うことなのか。 気持ちが通じるということなのか。 相手と居ると気が休まる。 相手が言っている事に同感するということなのか。 相手と居ると嬉しい気持ちになるということなのか。 きっとそれらのどれもがあっているに違いない。 大切にしたい相手だ。
コメント:0

続きを読むread more

髪の毛にも個性があるが 天然パーマの人が複雑な性格を持っているとは限らない

髪の毛にも個性があるが 天然パーマの人が複雑な性格を持っているとは限らない。 直毛の人でも屈折した性格を持っている人もいる。 見た目でわかることは絶対ではない。 むしろ 見た目と違う事の方が多い。 それでもある程度は 推測することができる。 要はその幅が広いのか狭いのかなのである。
コメント:0

続きを読むread more

手が汚れているとき 水だけで手を洗うのと石鹸を使って手を洗うのとでは 汚れの落ち方が違う

手が汚れているとき 水だけで手を洗うのと石鹸を使って手を洗うのとでは 汚れの落ち方が違う。 仕事でも自分の仕事のみを行うのではなく 人の仕事を手伝ってあげると 見えなかったものが見えてきたりする。 その結果 自分の仕事が効率良く出来るようになることもある。 今までの自分よりも成長したということだ。
コメント:0

続きを読むread more

思いが通じるためには 思い続けていなければならない

思いが通じるためには 思い続けていなければならない。 途中であきらめると もう通じなくなる。 沢山のことを思い続ける人と 1つのことを思い続ける人がいる。 想いを通じさせるためには 何かを犠牲にしなければならない。 なんでもかんでもうまくいくことはないのだ。 
コメント:0

続きを読むread more

歩き方にもいろいろある

歩き方にもいろいろある。 早足で歩く人。 すり足で歩く人。 ベタ足で歩く人。 人によって違ってくるが 共通しているのは 前に向かって進んでいるということだ。 行き先はそれぞれ異なるが 少しでも目的地に近づくように努力しているということだ。 前に進むために生きているということだ。
コメント:0

続きを読むread more

我を忘れる瞬間があるだろうか

我を忘れる瞬間があるだろうか。 良い意味で ひとつのことに集中することは 精神的に良い影響を与える。 打ち込めるものがあると言うことは 素晴らしく贅沢なことだ。 ない人は早く見つけた方が良いだろう。 人生が楽しくなる。 
コメント:0

続きを読むread more

道の選択については 幼稚園時代から 行き帰りともに同じ道を歩いてきた

道の選択については 幼稚園時代から 行き帰りともに同じ道を歩いてきた。 大人になってからも 同じ道で会社に行く。 それでいいのか。 今だからこそ別な道を選んでも良いのではないか。 道草もいい。 自分の判断で 違う行為を行う。 それでこそ大人だろう。
コメント:0

続きを読むread more

足並みを揃えることは 難しいことだ

足並みを揃えることは 難しいことだ。 共通の目標を設定しなければならないが それは売上高だけでなく もっとわかりやすいものも同時に設定しなければならない。 例えば引渡し戸数等だ。 供給戸数でも良い。 誰にでも実感を持ちやすい目標が良い。
コメント:0

続きを読むread more

最近ビニール傘を持っている人をよく見かける

最近ビニール傘を持っている人をよく見かける。 確かにそれでも用は済んでしまう。 しかし俺はよっぽどことがない限り 普通の傘を使う。 ビニール傘の性能を信じていないからだ。 風は通すが雨は通さない。 普通の傘の性能が好ましいのだ。 風にあおられれば すぐにおちょこになってしまうビニール傘が嫌なのだ。
コメント:0

続きを読むread more

困った事のひとつに酔っぱらいがいる

困った事のひとつに酔っぱらいがいる。 人に迷惑を書けていなければ良いが つり革にぶら下がりながら船をこいでいる。 右や左の人にぶつかりながら 本人は悪びれた様子もない。 被害に遭った人によっては 怒り出す場合もある。 車内の雰囲気は悪くなるばかりである。 俺はああは ならないぞと 強く思うのだった。
コメント:0

続きを読むread more

落ち着いて判断をくだすためには 普段から自分を客観的にみる訓練をしていなければならない

落ち着いて判断をくだすためには 普段から自分を客観的にみる訓練をしていなければならない。 素に戻ってはいけないのである。 繰り返すことで身につくのだ。 先ずは 大変だが大変じゃないと思わなければならないのだ。
コメント:0

続きを読むread more

人の間違えに気がついたとき その場で訂正させるのがベストだと思うが 

人の間違えに気がついたとき その場で訂正させるのがベストだと思うが 事情があってそれができない場合は 時間を与えて直させることも 効果的だ。 直している間にいろいろ考えるからだ。 効率の良いやり方を思いつくかも知れない。
コメント:0

続きを読むread more

蝶が苦手な人がいる。鳥が嫌いな人もいる。しかしペンギンが嫌いな人は少ない

蝶が苦手な人がいる。鳥が嫌いな人もいる。しかしペンギンが嫌いな人は少ない。見た目が好き嫌いを左右する。そして速さもだ。速いものを苦手にしている人が多い。自分の能力を超えた存在を 異形な故に 恐怖を感じているのだろう。それの動きが遅ければ話は別だ。自分で対処できるからだ。それがわかれば克服できる。
コメント:0

続きを読むread more

要でないものを持つということは 無駄かと言えばそうじゃない

必要でないものを持つということは 無駄かと言えばそうじゃない。今必要でなくても必要な時がくるかも知れない。持っていて助かったと思う時があるかも知れない。しかし全てを持つことはできない。取捨選択が必要である。間違った選択をしないためには その物をよく知らなければならない。
コメント:0

続きを読むread more