アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
異端なケンシのブログ
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
いつの頃からか日本人は 汲み上げると言う言葉を忘れてしまったようだ
いつの頃からか日本人は 汲み上げると言う言葉を忘れてしまったようだ いつの頃からか日本人は 汲み上げると言う言葉を忘れてしまったようだ。人の気持ちを汲み上げる。それはこちらから行わなければならないことなのだ。被災者の気持ちを汲み上げる。言いたくても言えないことがあるだろう。それを察して代わりに言ってあげるのだ。昔は普通に行われていたことだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/22 00:14
いつあきらめるかだって いつまでもあきらめなければいい
いつあきらめるかだって いつまでもあきらめなければいい いつあきらめるかだって いつまでもあきらめなければいい。新しい目標が次に生まれてくるものだ。目標が増えるだけだ。あきらめない限り 可能性はあるのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/20 23:55
回文というのがある。日本では タケヤブヤケタなどがポピュラーだが 世界各国にある
回文というのがある。日本では タケヤブヤケタなどがポピュラーだが 世界各国にある 回文というのがある。日本では タケヤブヤケタなどがポピュラーだが 世界各国にある。最近のアメリカではA Santa at NASAと言うそうだ。頭が柔らかくなければ出てこない発想だが 挑戦してみるのも良いだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/19 23:42
発信をしても 受信体制が整っていないと届かない
発信をしても 受信体制が整っていないと届かない 発信をしても 受信体制が整っていないと届かない。受信体制が整っていても 発信がなければ いつまで待っても届かない。両方の準備が整って 初めて相互に連絡がとれる。機械の話をしているのではない 人の話だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/18 23:37
普通は自分の価値基準で物事を判断する
普通は自分の価値基準で物事を判断する 普通は自分の価値基準で物事を判断する。しかしそれが認識できると 自分以外の価値基準で判断することもできるはずである。誰の価値基準で判断するのかそれが大切であり そのための勉強が必要である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/17 23:01
自分がなんのために生まれて来たかだって
自分がなんのために生まれて来たかだって 自分がなんのために生まれて来たかだって。自分の為になるからか、人の為になるからかだろう。自分の為になるからだってかまわない。それが人の為になることだったら。つまり、人の為になることが自分の為だと思える人になるためじゃないのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/16 23:36
人は七色の心を持っている。時にそれらは真逆の心だったりする
人は七色の心を持っている。時にそれらは真逆の心だったりする 人は七色の心を持っている。時にそれらは真逆の心だったりする。正と悪、美と醜、柔と硬、 冷と暖。だがそれらはどれも間違いなく自分の心なのだ。同じ状況でも違う心が出てきたりする。心と違う行動がとれるようになったとき 大人になったとか 汚れてしまったとか言われるようになる。だが勘違いするな。それがすべてではないのだ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/15 23:31
人のためになってかつ自分の為になるなんて都合の良いことはそうそう無い
人のためになってかつ自分の為になるなんて都合の良いことはそうそう無い 人のためになってかつ自分の為になるなんて都合の良いことはそうそう無い。自分の為にならなくても人のためになることだからやる。これは勇気がなければできないことだ。勇気は一長一短では身につかない。普段の行い地道な積み重ねがあってこそ自分のものになる。つまり覚悟が必要なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/15 00:48
何かをやるなら全部やる。やらないのなら全部やらない。中途半端がいちばん良くない
何かをやるなら全部やる。やらないのなら全部やらない。中途半端がいちばん良くない 何かをやるなら全部やる。やらないのなら全部やらない。中途半端がいちばん良くない。意味がないとはいわないけれど あてにできないし それでやった気になるなんて 違うと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/13 23:44
愚痴を言わないのは難しいことだが慣れてしまえば 
愚痴を言わないのは難しいことだが慣れてしまえば  愚痴を言わないのは難しいことだが慣れてしまえば 何で今まで愚痴なんか言ってたのかなと愚痴ってしまう。愚痴を言うと疲れるしそんな自分にいやになってくる。愚痴を言う前に自分が何とかしてやると思うべきだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/13 00:59
プレゼントとは自分がためされているものだ
プレゼントとは自分がためされているものだ プレゼントとは自分がためされているものだ。自分が相手をどれだけ思っているかが あからさまにわかってしまうものだ。だから十分考慮しなければならない。間違っても軽い気持ちで選んではならないのだ。誤解されるのもまずいことだ。自分の気持ちが伝わるように慎重に決めよう。時には戦略も必要な場合もある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/11 23:37
行ったことのない所へ行こう。新鮮で刺激にあふれているぞ
行ったことのない所へ行こう。新鮮で刺激にあふれているぞ 行ったことのない所へ行こう。新鮮で刺激にあふれているぞ。ワクワクドキドキするぞ。勿論不安がないわけじゃない。だけどそれを上回る何かが待っている。人生観を変えてくれるものが待っているかもしれないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/10 23:26
休みの前は油断をするな
休みの前は油断をするな 休みの前は油断をするな。思わぬ所から足をすくわれかねない。細心の注意をもって 取り掛かろう。くれぐれも気をぬかないように。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/09 21:54
人は本当のことは なかなか言わないものだ
人は本当のことは なかなか言わないものだ 人は本当のことは なかなか言わないものだ。だから相手をよく見て 視線や声のトーン 身振り 話の組立などに気を付けなければならないのだ。逆に言えば 自分もそういうことに注意をしなければならないと言うことだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/08 23:47
自分の行動にマルバツをつけよう
自分の行動にマルバツをつけよう 自分の行動にマルバツをつけよう。○の数が増えて行けば 自然となりたい人になっていく。○の数が増えない場合は その行動は誤っていたといえるだろう。なりたい人を設定しておいて その人を目標に行動するのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/08 00:19
引出しを沢山作ろう
引出しを沢山作ろう 引出しを沢山作ろう。そのためには 経験もさることながら 読書やディスカッションが必要だ。そして物事を深く考えることだ。深く考えるためにも知識が無くてはならない。遊びも勉強ととらえ 何事も積極的に関わっていこう。文句を言われても 気にしない気にしない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/06 23:41
体調管理は大切な仕事である
体調管理は大切な仕事である 体調管理は大切な仕事である。おろそかにすると仕事に影響が出るからだ。できることは手を尽くし それでも体調を崩してしまったら それは運が悪かったとあきらめよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/06 00:00
同じものを続けて使っていると 傷んでくる。仕事も同じことを続けてやっていると質が落ちてくる
同じものを続けて使っていると 傷んでくる。仕事も同じことを続けてやっていると質が落ちてくる 同じものを続けて使っていると 傷んでくる。仕事も同じことを続けてやっていると質が落ちてくる。慢心が原因だ。違うやり方がないか いろいろ試しながら行うのが良いだろう。自分で変化を求めるのだ。そこに成長がある。進歩がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/04 23:10
同じ電車に乗っても運転手により揺れる時と揺れない時がある
同じ電車に乗っても運転手により揺れる時と揺れない時がある 同じ電車に乗っても運転手により揺れる時と揺れない時がある。でもそれではいけない。違う人が運転しても 同じ揺れにならなければならない。人の安全を預かっている以上 誰が運転してもベストの状態に保たなければならないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/03 23:14
行く手を遮るものがあるときは 思い切ってぶつかろう
行く手を遮るものがあるときは 思い切ってぶつかろう 行く手を遮るものがあるときは 思い切ってぶつかろう。結果はどうあれ ぶつかる姿勢が大切なのだ。ぶつかれなくなった時から足踏みが始まる。そこから前に進めなくなるのだ。自分を成長させたかったら ぶつかってみろ。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/02 21:56

続きを見る

トップへ

月別リンク

異端なケンシのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる