アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
異端なケンシのブログ
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
波動というものがある
波動というものがある 波動というものがある。 この世の中の全ての物は 波動によって存在しているという。 確かに人間を見てみても脳波によりものを考え 微弱電流がからだのなかを走っている。 震動していない物は存在していない。 空気も常に震動している。 感情を司る神経がこれだから やはり震動していない物はないという訳だ。 感情によって身体も震える。 心を持たない物でさえ やはり震動している。 それだけ波動というものは大事なものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/17 00:29
歩く事は行き先が有ってそこに向かう行為だ
歩く事は行き先が有ってそこに向かう行為だ 歩く事は行き先が有ってそこに向かう行為だ。 行き先が無くて歩く事は散歩という。 近所をぶらぶらするわけだ。 目的地がある場合は散歩とは言わない。 ただし寄り道というものがある。 目的地があるのに違う所へ立ち寄ることだ。 俺はこの寄り道が好きである。 寄り道するのはその場所が自分を呼んでいるからだと思う。 いったい俺に何を見せようというのだ。 だから寄り道が好きなのだ。 新しい発見があるかもしれない。 或いは懐かしさをあじあわせてくれるかも知れない。 ワクワクさせてくれるの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/15 22:04
オシャレには二通りある
オシャレには二通りある オシャレには二通りある。 一つは 人が見てオシャレだと思うもの。 もう一つは 自分でオシャレだと思うものだ。 どちらも まずは自分を知らなければならない。 自分の顔色に合う服の色は何色なのか。 服の形はカッチリが似合うのかナチュラルが似合うのかなどである。 自分を知らずしてオシャレは語れない。 次に人の反応を素早く察知しよう。 似合っているのかいないのかは 相手の顔色でわかるものである。 そして記憶するのだ。 配色に注意が必要な事は その面積比だ。 どちらが広くどち... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/15 01:00
くず湯が好きだった
くず湯が好きだった くず湯が好きだった。 子供の頃はよく自分で作ったものだ。 工夫をしてコーヒーの粉をいれたり カルピスを入れたり 色々なものを入れて 味を比べたものだ。 また 食べるばかりではなく ビニール袋に入れて冷蔵庫で冷やし アイスノンを作ったりした。 昔から実験と発明が大好きだった。 実は今も変わっていない。 好奇心は旺盛で試すことが楽しくて仕方がない。 だから人生やめられない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/13 23:35
力関係というものがある
力関係というものがある 力関係というものがある。 相手より少しでも優位に立とうと 力業で攻める。 力の弱いものは 敗退する。 だが待てよ それで本当にいいのだろうか。 相手を蹴落として出世する。 これは当たり前だろうか。 上司に引っ張られて出世する者もいるはずだ。 社風によっても違うが。 競争主義か 協調主義かによる。 本当の幸せはどちらからもたらされるだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 23:53
親から子供に伝えることは いいことばかりとは限らない
親から子供に伝えることは  いいことばかりとは限らない 親から子供に伝えることは いいことばかりとは限らない。 親がマナー違反を日常的にしていれば 子供はそれが普通であると思ってしまう。 まさか親が間違えたことをするわけないと思っている。 しつけは親にとっても大変で苦痛を伴うこともある。 しかしそこは親の威厳として きちっとマナーを教えて欲しい。 自分に甘いとなかなかできない。 きちっとした子供にしたいのならば きちっとした親でなくてはならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 00:10
乗り換えにはタイミングが大事だ
乗り換えにはタイミングが大事だ 乗り換えにはタイミングが大事だ。 間違えるとよけい時間がかかることがある。 状況判断が的確であるかどうかだ。 場数もさることながら 下調べしているかしていないか。 そこで差がつく。 事前に時間を使い調べておく。 効果絶大だ。 限られた時間内に効率良く行動できる。 これは仕事にも言える。 備えあれば憂いなしなのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/10 23:11
趣味は多ければ多い方が良いかと言えば、そうでもない
趣味は多ければ多い方が良いかと言えば、そうでもない 趣味は多ければ多い方が良いかと言えば、そうでもない。 趣味が多いと 時間が取られる。 ひとつの趣味でも掘り下げていけば 時間はいくらあっても足りなくなってしまう。 ほかのことをやる時間がなくなるのだ。 特に好きなことは時間を気にせず没頭してしまう。 そこが趣味の良いところでもある。 時間を忘れられるということは そんなにはないだろうから。 趣味のない人は不幸だと思う。 こんなに楽しいものを。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/09 23:54
ものごとには退いた方が良い場合と押したときが良い場合がある
ものごとには退いた方が良い場合と押したときが良い場合がある 。 これを間違えると悲惨なことになる。 今はどちらなのかを慎重に見極めなければならない。 肝心なのはどちらの場合も 心を込めなければならないということだ。 上っ面だけでは駄目なのだ。 覚悟を決めて行動しよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/09 00:55
写真を撮っていると 被写体の特徴を考えてしまう
写真を撮っていると  被写体の特徴を考えてしまう 写真を撮っていると 被写体の特徴を考えてしまう。 これはどんな素材でできているのだろうか。 できてから何年くらい経っているのだろうか。 誰が所有していたのか。 裏側はどうなっているのだろうか。 など色々考えてしまう。 人を撮るときも同じだ。 今何を考えているのだろうか。 子供の頃はどんな子供だったのだろうか。 性格は。 好きなものは何なのか。 いつしかカメラを構えていなくても 同じように考えてしまうようになっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/07 23:33
サンライズがありサンセットがある
サンライズがありサンセットがある サンライズがありサンセットがある。 事には始まりがあって終わりがある。 恋愛の始まりとは何なのか終わりとはどんなものなのか。 経験しているのにわからない。 何で恋に落ちたのか 恋を止めたのか。 考えてみると難しい。 理屈ではない なにものかの影響のせいか。 内なる炎のなせる業なのか。 心の中の何かが自分を動かすようだ。 その時ばかりは 自分が世界の中心となる。 誰にでもその時は訪れる。 その炎に身をまかせるのだ。 それが情熱なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/06 21:23
スフィンクスの出したクイズで 生まれたときは四本足、次に二本足、最後は三本足になる動物は何でしょう
スフィンクスの出したクイズで  生まれたときは四本足、次に二本足、最後は三本足になる動物は何でしょう スフィンクスの出したクイズで 生まれたときは四本足、次に二本足、最後は三本足になる動物は何でしょう。というものですが、答えは人間です。 歳をとると杖を使うことは大昔から同じだったわけです。現代でも進歩せずに杖を使います。これは究極の方法だからでしょうか。手軽でかさばらないもっと飛躍的に進歩しても良さそうなのに 驚くほど原始的です。これが 正しく古いものは常に新しいと言うことなのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/06 00:20
疲れはたまってくるものである
疲れはたまってくるものである 疲れはたまってくるものである。 肉体的な疲れも精神的疲れも 貯めたままにしておくとろくなことにはならない。 やはり 疲れは定期的にとるべきだろう。 どちらの疲れも 一番効果があるのは睡眠だが 時間がない場合は 自分の一番好きなことをすれば どちらの疲れも軽くなる。 だから休みの日には一番好きなことをしよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/04 23:54
人は特定な人を好きになるのではなく特定な人と結婚或いは付き合うのではないか
人は特定な人を好きになるのではなく特定な人と結婚或いは付き合うのではないか 人は特定な人を好きになるのではなく特定な人と結婚或いは付き合うのではないか。幅広く人が好きであっても その皆と付き合うことはできない。付き合うから特定になる。結婚するから特定になる。いや違うな、好きになればほかの人は見えなくなる。つまりそこで特定になる。あなたは周りが見えるかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/03 22:31
道が暗い場合は懐中電灯を使う
道が暗い場合は懐中電灯を使う 道が暗い場合は懐中電灯を使う。 自分の進む道がわからない場合は 分かりやすくするために 人に相談する。 正しい道を示してくれるとは限らないが ヒントにはなる。 聞く相手を選んだその瞬間に自分の答えがわかるものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/02 21:49
サポートはする事もあればされることもある
サポートはする事もあればされることもある サポートはする事もあればされることもある。 相身互い 助け合うということだ。 持ちつ持たれつの関係はとても多いと思う。 しかし、大切なことは 自分がはじめにサポートするということだ。 されたからするというのではなく 自発的に行う。 それを繰り返していれば サポートしてくれる人が必ず現れる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/01 23:52
異性と狭い空間にふたりでいると 独特の雰囲気が立ち上る
異性と狭い空間にふたりでいると  独特の雰囲気が立ち上る 異性と狭い空間にふたりでいると 独特の雰囲気が立ち上る。 それが感じられなくなったら もうおしまいだと思う。 その時は男を棄てる時だろう。 女性も同じ様なものであると思うが それはお互いを異性であると認めなくなると訪れる。 性を超えた 生き物としての感覚なのかと思う。 まだまだ男は捨てられない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/01 00:01
誰でも人は喜びのひとつやふたつ持っていなければ楽しくないばかりか生きていく張りがない
誰でも人は喜びのひとつやふたつ持っていなければ楽しくないばかりか生きていく張りがない 誰でも人は喜びのひとつやふたつ持っていなければ楽しくないばかりか生きていく張りがない。 希望という糧が必要なのだ。 それは大きな場合もあれば小さな場合もある。 大小ではなくあるかないかなのだ。 ない人はすぐに見つけるのだ。 急いで探すのだ。 さあ目を見開いて見つけよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/28 23:24
行き詰まったときは 初心に帰る
行き詰まったときは  初心に帰る 行き詰まったときは 初心に帰る。 よく言われることだが これは真実だ。 心や体に付いた余分なものを払い落として 始めに戻ることだ。 見失っていた大切なことをもう一度思い出すのだ。 古いことは悪いことじゃない。 常に新しいことは 古さを現代に続けさせる工夫にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/27 23:22
人を動かすということは難しいことだ
人を動かすということは難しいことだ 人を動かすということは難しいことだ。 それにより相手の負荷が増えるのなら容易には受け入れないだろう。 しかしそれが必要だから動かすので こちらの希望通りに動いてもらわなければ困るわけだ。 相手にどれだけその必要性を説明できるかによる。 並大抵の心意気では説得はできない。 ひとつの戦いだと思って臨まなければならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/26 23:36

続きを見る

トップへ

月別リンク

異端なケンシのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる